パパの心構え!

「男には何もできないよ!」って開き直っていませんか?

 

妊娠中の妻に何ができるのか?

「手を差し伸べる」という気持ちが大切!

正直言って、「何をどうすれば良いのか分からないよ。」というのが本音だと思います。
初産のパパなら当然といえば当然です。
ですが、、、、、です。
「男には何もできないよ!」って開き直るのは間違いです
少なくとも、不安と体調の変化などで、嬉しい反面、ママはとても気持ちが落ち着かず高ぶっているのです。
開き直る前に、ママの体調の変化や不安との闘いに「手を差し伸べる」という気持ち、つまり「優しさ&思いやり」の気持ち大切なのです!
出産はいわば、ママとパパの『共同作業』なのですから、、、、!

 

 

「飛び起きて病院へ」、、、

 

私は、3人子どもの母親です。、2人目も、3人目も出産の方の気持ちは良くわかります。
まず、「私たち夫婦はなかなか赤ちゃんに恵まれない」という悩みからスタートです。
結婚して4年目ことから、私は病院で「不妊の原因調査」のため、病院に通うようになりました。
「奥さんには、特に不妊の原因は見当たりません。ご主人の精子の検査を行いましょう。」
と診断されました。
病院から手渡された「試験管用のもの」を持ち帰り、た夫に精子を入れてもらい病院に持参しました。
すると、
「精子の運動量がやや少ない。正常な精子と比べて約70%〜80%位」
との診断されたのです。
でも、夫の診察結果の
「正常な精子と比べて約70%〜80%位」というのは、赤ちゃんが授からないほどではない」
とのことで、少し安心したのを覚えています。

 

病院に通うようになり、メリットもありました。
近年、葉酸摂取が当たり前になってきていて、厚労省の推奨は「サプリメント」などで栄養素を補給することを推奨していること、そして、医師は、私だけでなく夫にも「出産の準備や心構えや」を説いてくれていたのです。
この説明は説得力があり夫婦で実践しましたし、妊婦となった私には大きな支えにもなりプレゼントにもなりました。

 

私が初産の時、嬉しくて楽しくて毎日がルンルン気分で
「早く赤ちゃんを見たい。この手で抱きたい。」
とハイテンションの気分になっていました。
ですが、その反面
「無事に五体満足で元気な赤ちゃんを産めるのだろうか?母乳はちゃんと出てくれるのだろうか?健康で元気な子供に育てることができるのだろうか?」
という不安はいつもありました。
また、私は「切迫流産の恐れがある」と診察されていたため、「流産したらどうしよう。赤ちゃんが死んでしまう!!!」という恐怖にも近い不安も抱いていたのです。
結婚して5年目でやっと妊娠したのです。
授かった赤ちゃんですし、

 

 

 

 

ベルタ葉酸サプリの通常価格「5,980円」が、6回以上の定期購入で

 

なんと【33%OFFの3,980円】 1回あたり2,000円もお得! しかも『送料無料』

 

ベルタ葉酸サプリの公式サイトを見てみる↓

 

ベルタ葉酸サプリを楽天で買った人は見ないで!